医療保険のすべて

医療保険まるわかりガイド

医療保険の仕組みや種類などをわかりやすく紹介しています

医療保険とは?

医療保険という言葉を知ってはいるけれど、具体的にどういったものなのか理解出来ている自信はないという人が多いのではないでしょうか。

 

自分にとって必要なものなのかを考える為にも、まずはどういった制度なのかを知った方がよいでしょう。

 

簡単に説明をすると、病気や怪我が原因で入院をした場合に給付金が支払われる保険のことで、これがあるからこそ、高額となってしまった医療費にも慌てることがないでしょう。

 

掛け捨てとそうでないものがあるので、自分がどういった形で保障をつけたいか考えてみてはいかがでしょうか。

 

医療保険を検討してはいるものの、現段階では特に病気の気配もなく、滅多なことでは怪我をしないと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、街を歩いていても、いつ車が突っ込んでくるか分からないのです。

 

確かに毎月しっかり支払っていても、怪我や病気がなければ、無駄だと感じてしまうかもしれません。

 

しかし、最近はそう考える人が増えた為、数年ごとにボーナスを受け取れるところも増えてきたのです。

 

例えば5年とか10年を無病・無事故で過ごし、保険を使うことがなかった場合に、数万円〜数十万円のボーナスが支払われるというものです。

 

医療保険を契約しようと思っている場合は、保障内容はもちろんですが、どういった場合に認められて、どういった場合には認められないのかを把握しておいた方がよいでしょう。

 

入院することになって医療保険で全て何とかなると思っていたのに、認められなかったという場合もあるのです。

医療保険の選び方と注意点

今の保険を契約した際にどういったものを参考にしましたか?

ランキングサイトなどネットの情報を参考にした人、職場に来た営業の人の勧めなどいろいろな方法で決めたと思います。

そうやって決めたはいいものの、月々の料金がキツい、実は保障内容がわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用して内容の確認をしましょう。

当然のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

思い切って相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が低くなった、今の生活状況により合った内容に提案してもらえたという話も多いです。

相談者を募集するキャンペーンで相談者特典として商品プレゼントをする保険無料相談サービスをウェブ上で見かけます。

大半の方が、とりあえず保険相談の申し込みを行えば商品がもらえると思いがちですがそれは間違いです。

多くのサービスでは数回の面談後、アンケート回答などを商品プレゼントの条件に各サービスがしています。

更に言うと、申し込んだからといって必ずしも面談の予定が決まるわけではありません。

特に、中小のサービス会社に申し込んだ場合は、大手サービスに比べて登録しているFPが少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

保険無料相談をしたら特典として商品券をプレゼント!というキャンペーンを最近は見なくなりました。

調べてみたところ、2017年4月に金融庁が発表した指導によって相談者に対して高額な商品券をプレゼントという販促方法は禁止になったからです。

指針の具体的な内容としては換金性の高い商品の提供を禁止したことです。

逆に言うと「換金性が高くなければ大丈夫」とも読み取れるので一部のサービスでは商品券から「牛肉などの景品をプレゼントする」と言う内容で募集をしている状況に変わっています。

そのため、商品券、ギフト券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

一般的に良い評判よりも悪評の方が頭に残ってしまいます。

保障内容の見直しやライフプランに合わせて保険を提案してくれる保険無料相談サービスではそういった評判はどうなのでしょうか。

口コミサイトを見てみると利用者の多くが相談前は「相談したら結局保険に加入させられそう」というイメージがあってなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に体験した方によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と言ってくれて安心できた、説明内容や物腰が柔らかくて本当に相談だけでも大丈夫だったなどイメージとは全く違っていたことがわかりました。

なので見直しを考えている人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

営業の人に提案されるがままに保険に入っててしまって実は、内容をしっかりと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

保険の知識がなくてもFPが今はどんな保険に入っているか、現在思い描いているライフプランに合わない保険だった場合、こっちの保険の方があっているなど相談に乗ってくれます。

また、使う可能性の低いオプションを外したり別の保険に乗り替えることで保険料が減ることもあります。

また、FP紹介サービスの中にはサービスを利用し条件を満たすとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っていたりします。

保険の無料相談サービスをしているところは、名前が知られているだけでも10社以上になるでしょう。

それだけたくさんある中でおすすめできると思うのは、FPさんの質が高いと会社です。

いくつかの会社で数人のFPさんと面談した人によると、それぞれのFPさんによって、話す内容が同じでも異なるプランを提案されることが多いそうな。

契約をするとなったら長くお付き合いをしていくFPさん。

こちらの希望をくんでくれるのはもちろん、想像以上のプランをたててくれるような人にお願いしたいところですよね。

自宅で保険についての話合ができたら便利ですが、一方で提案に納得できないときに断れるか?ということがあるでしょう。

普通の会社なら、強引な勧誘を禁止していたり、担当FPさんとの相性が良くない場合は変更するといったようなサポートを用意してくれています。

一回話し合いをしただけで全て決めることにはまずならないそうですから、事前連絡などの際まずは相談だけで良いという希望をはっきり示しておくことも大切です。

その提案に自信があるFPさんならその辺りのスピード感も理解しているでしょうから、受け入れてくれるでしょう。

インターネットでさっと検索をすれば、無料で保険の相談に乗ってくれる会社が山ほどあります。

差別化を図るためにキャンペーンをはっているところも多いです。

気になるその内容はといいますと、現金がもらえるものもあるそうですが、主に商品券のようです。

どのくらいの金額がもらえるのかというと、2000円から7000円くらいが多いようです。

大切な話なので数社に面談をお願いすることもあるでしょうし、このような会社を選ぶことによって手続等のわずらわしさもどこかへ飛んでいきそうです。

数多く存在する保険相談会社の中でいざどこにするかという話になると迷うかもしれません。

選択する際に特に注目するべきである重要と思われる条件について調べてみました。

何よりもまず、FPさんの質に絶対の自信を持っているところです。

それから現実に万が一トラブルになった場合にフォローする仕組みがきちんとあるところが良いと思います。

またさらに取扱商品数についても多ければ提案の幅が広がりますので良いと思います。

契約後のフォローがあるかどうかも確認しておきましょう。

いわゆる保険の見直しといえば店舗へ足を運んだりFPさんに訪問してもらったりとやはり面と向かって話し合う場合がほとんどですが、中には電話での話合を請け負ってくれる会社もあるそうです。

参考:生命保険見直しガイド!無料相談比較ランキング【2ch口コミ嘘?】

どんなシステムかというと、まずはインターネットやフリーダイヤルで電話の時間を予約して、あとは担当FPさんからかかってくるのを待つだけ。

もちろんお金はかかりません。

これだと提案に不満があれば即終わりにしてしまうこともできるので、ほかの方法に比べても気楽に試しやすいのではないでしょうか。

一時期、様々なところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘では額が大きすぎて本体金額よりもキャッシュバックされるようなこともあり問題になりました。

同じように保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

そういったキャンペーンを見なくなりました。

それもそのはず、総務省や金融庁が発表した指針で高額なキャッシュバックや高額な商品券のプレゼントを行うキャンペーンを禁止としたからです。

そのため、相談サービスではお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変更しているサービスもあります。

保険料を削減したい!でも、相談に行く時間がないからお困りの方はメールで解決できるかもしれないです。

保険無料相談サービスの中には、人生設計などの相談のやりとりをメールで完結できるということが特徴のサービスもあります。

なので、24時間365日受付ており、返信内容の確認も通勤中の電車の中などのちょっとした時間に確認ができます。

もし、書いてある内容が難しくてわからない、こちらが伝えたいことが意味が十分に伝わっていないと感じたときには、電話で直接相談することも可能です。

相談の必要がなくなったときもメールで断れるので気楽に相談できそうです。

マイルやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談をするとプレゼントされろというキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスってあまり名前を知られていないものばかりで本当にポイントがもらえるのか心配ですよね。

このキャンペーンの多くの場合では数回の面談を実施し、アンケートに回答すると付与というパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で相談者に契約の見込みがないと見られたら2回目、3回目の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たない状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイント目的の申し込みはやめましょう。

意を決して保険無料相談をA社のFPにやってみたら保険の乗り換えを勧められた。

よく言われているのが保険は家の次に高い買い物という話です。

A社のFPを信じてそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社に提案された後に別のB社にも同じ内容で相談をして提案される内容を比べる、信頼できる担当者探しをするのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の提案内容をB社にも見せると内容重視ではなく価格を重視して競争を始めてしまう可能性があります。

B社に見せた時に「A社の内容でOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できます。

ぜひ、B社のFPに頼みましょう。

B社のFPに見せない場合は、単純に新しく提案された内容の比較をしましょう。

ネットで少し検索すれば、数ある保険無料相談会社についてさまざまなクチコミが見られます。

それだけたくさんの人が疑問や不安を持っていて、機会があるなら専門家の意見を聞きたいと感じているということでしょう。

さらに面談そのものについて知りたい気持ちもあると思います。

特に訪問型の面談は気になる点が多いかと思いますが、重点的に見るべきなのはFPさんの知識量や提案力について、そしてまたこちらの希望を聞く姿勢です。

面談したい会社を見つけたら、どんなFPさんだったのかを詳しく調べてみると良いでしょう。

関連情報


Copyright (C) 2010 医療保険まるわかりガイド All Rights Reserved.