医療保険のすべて

訪問看護の医療保険

訪問看護の利用を考えている人は、先に主治医に相談し、申請を行いましょう。

 

介護保険から費用を支払う人も多いと思いますが、どちらを利用する場合も、指示書が必要となるのです。

 

介護保険を利用していたものの、何をするにしても「点数」というものが換算されて、その上限が決められているので、こちらが望んでいるものを全て介護保険から賄うことが出来ない場合もあります。

 

そのため、介護としてお願いすることが多くなったりした場合には、介護保険ではなく医療保険に切り替える人が多いようなのです。

 

通常は介護保険の適用が優先されるということも理解しておいた方がよいでしょう

 

ただ、厚生労働大臣が定める疾病等の場合は、医療保険の対象となっています。

 

厚生労働大臣が定める疾病等とは、多発性硬化症・重症筋無力症・パーキンソン病関連疾患・末期の悪性腫瘍などです。

 

どちらを利用するかによって、出来ることだけでなく料金も大きく異なるのです。

 

まずは主治医やケアマネージャーに相談をし、どちらを利用することが出来るのか、自分の場合はどちらを利用したほうが負担が少なくて済むのかを相談してみるといいでしょう。

 

症状などによっては医療保険を選択することが出来ない場合もあるので、そのようなときには介護保険を活用していくこととなるでしょう。

 

医療保険を利用する場合は、介護保険を利用する場合には無料である交通費についても考えなければなりません。

 

介護保険の場合とは違い、交通費として一回あたりの金額が請求されることになるのです。

 

訪問看護の医療保険関連エントリー


Copyright (C) 2010 医療保険まるわかりガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

訪問看護の医療保険

医療保険の仕組みや種類などをわかりやすく紹介しています