医療保険のすべて

医療保険制度の仕組み

医療保険の仕組みがよく理解出来ていないという人は、まずはこの点から知っておく必要があるでしょう。

 

まず、私たちは毎月保険料を保険の運営会社に支払うのです。

 

そして、事故や病気があった場合は、病院を訪れ、診察や治療を受けることになるのですが、この時に一部の費用を直接病院に支払うでしょう。

 

ですが、ここで支払う金額だけがかかった費用の全てではないのです。

 

残りの費用は、病院側が医療保険の組織に請求をしているのです。

 

病院側は、レセプトと呼ばれる診察や治療に関する説明書を作成し、それを提出することにより、かかった費用の残りを受け取れるという仕組みとなっています。

 

私たちは「被保険者」と呼ばれ、「保険者」と呼ばれる機関に保険料を納付します。

 

そして「医療機関」で治療を受けますが、医療機関は私たちが費用を納付していた保険者に費用を請求するというのが基本的な仕組みなのです。

 

それから、公的の医療保険には加入する義務があるのはご存知ですよね。

 

これは国民健康保険などのことです。

 

他に民間のものもあります。

 

テレビなどでCMを見かけるのはこちらの民間の保険ということになるのです。

 

公的のものでは保障内容が最低限だということでもあるので、大きな怪我や病気をした時に公的の保険にしか加入していないと、負担すべき費用が非常に多くなってしまう可能性もあります。

 

民間の医療保険は加入することが義務ではないので、任意保険とも呼ばれます。

 

自分はどんな保障を手厚くしたいと思っているのかを考え、検討してみましょう。

医療保険制度の仕組み関連エントリー


Copyright (C) 2010 医療保険まるわかりガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

医療保険制度の仕組み

医療保険の仕組みや種類などをわかりやすく紹介しています