医療保険のすべて

定期型医療保険のメリット

定期型医療保険の最大のメリットとも言えば、定期的に見直しが出来るという点でしょう。

 

一度終身型で契約をしてしまうと、ずっと同じ契約内容が続くことになるのです。

 

保険料についてもそうなのですが、何十年も先に何があるかなんて分からないのです。

 

ですが、今の時点で何十年も先の契約をしてしまうのが終身型です。

 

定期型であれば、通常は10年ごとの更新となるので、10年ごとに保険の見直しをすることが出来るでしょう。

 

もしそこで他の会社のほうが条件が良いということになれば、簡単に移ることが出来るのは大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

 

また、掛捨てタイプが基本となるので、積み立てとは異なり、他の会社に移りづらいということもないのです。

 

どのような契約にするかによって、自分のライフスタイルに合わせた保障が受けられるというのもメリットでしょう。

 

例えば、特に怪我をしやすい・病気になりやすい年齢の間だけ医療保険に加入するということも可能なのです。

 

もちろん公的な医療保険には常に入っているわけなので、仕事内容が変わって怪我の心配が出てきたら、慣れるまでの10年間のみ加入しておく、といった選択肢もあるわけなのです。

 

終身型だと何十年も先のことまで考えなければなりませんが、定期型であれば、目先の10年を考えればいいだけなので、予定も立てやすいのではないでしょうか。

 

歳をとってからのことは分からないけれど、とりあえず医療保険に入っておきたいと思っている人は、定期型のほうを検討してみてはいかがでしょうか。

定期型医療保険のメリット関連エントリー


Copyright (C) 2010 医療保険まるわかりガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

定期型医療保険のメリット

医療保険の仕組みや種類などをわかりやすく紹介しています