医療保険のすべて

定期型医療保険のデメリット

定期型医療保険のデメリットについても考えてみる必要があるでしょう。

 

こちらは、掛け捨てとなる場合が多いため、途中で解約したとしても解約払い戻し金がない場合が多いでしょう。

 

それからメリットでもある「10年ごとの更新」というのがデメリットになる場合もあります。

 

保険というものに対して高い意思がある場合は別ですが、契約していた10年の間を無病無事故で過ごせた場合、まだしばらく更新や新規契約をしなくてもいいのではないかと考えてしまう人もたくさんいるようです。

 

10年ごとに更新があるということは、言い換えれば10年ごとに保険が切れてしまう可能性があるという事なのです。

 

ちゃんと契約していれば、間を空けることなく契約を継続出来るのですが、その時期がお金がない時期とかぶってしまったりすると、一度契約を見直すために保険をかけない期間が出来てしまう場合もあるでしょう。

 

また、終身タイプであれば契約を開始した時の保険料がずっと続きますが、定期型の医療保険である場合、更新のたびに保険料が上がっていくのが普通です。

 

もう定年退職を考えなければならない時期にもなると、保険料はかなり高額になってしまうので、初めから終身タイプを選択しておけばよかったと思う人もたくさんいるようです。

 

他にも、年齢制限が設けられている場合が多いでしょう。

 

やはり高齢になってからの契約になると、保険会社のほうのリスクが大きくなってしまうものなのです。

 

そのため、定期型医療保険の中には70歳までしか更新出来ないと定めているところも多くあるのです。

定期型医療保険のデメリット関連エントリー


Copyright (C) 2010 医療保険まるわかりガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

定期型医療保険のデメリット

医療保険の仕組みや種類などをわかりやすく紹介しています