医療保険のすべて

医療費と医療保険

通常の医療保険は、「入院をしたら一日○円」といった形で支払われるものです。

 

この金額は、どのサービスやコースを選択したかによって違ってきますが、実際に入院したことがない人からすると、どれくらいの金額が必要になるのかわかりませんよね。

 

例えば、一日3万円もかかるのであれば、一日5千円の保障では厳しいということになります。

 

病気や怪我が原因で治療を受けたり入院することになれば、高い医療費がかかります。

 

どのような設備の病院に入院したかによっても違いますが、入院をすると、一日に約1万5千円程度の費用が必要となることが多いようです。

 

入院の期間も人によって違いますが、こちらも平均して20〜30万円前後が必要になると思っておくといいでしょう。

 

窓口負担は3割ではありますが、手術が必要になる場合は100万円以上の治療費がかかってしまうことも珍しくないですよね。

 

そのため、医療保険として一日いくらまで保障されるものを選ぶかというのは、貯蓄があるかどうかで決めるといいでしょう。

 

ある程度の貯蓄があるのであれば、5千円でもいいと思います。

 

全く貯蓄がないのであれば、出来れば1万円、更に言えば1万5千円の保障をつけておけると安心ですね。

 

特に、高齢になればなるほど、入院に必要な期間というのは長くなりがちです。

 

入院をしてから医療保険を考えたとしても遅いので、健康なうちから検討することが出来ているといいですね。

 

何でもないうちから医療保険を検討するのは難しいことではありますが、実際に入院した人の話も聞いてみるのがおすすめです。

医療費と医療保険関連エントリー


Copyright (C) 2010 医療保険まるわかりガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

医療費と医療保険

医療保険の仕組みや種類などをわかりやすく紹介しています