医療保険のすべて

定期型医療保険と終身型

医療保険を考える上で悩む人が多いのが、定期型と終身型のどちらにしようかという点ではないでしょうか。

 

それぞれメリットやデメリットがあるので、色々な角度から考えなくてはなりません。

 

いろいろな医療保険があるものの、ここが特に大事なポイントだと言ってしまっても過言ではないのではないでしょうか。

 

それぞれの違いは保障を受けられる期間に関するものなのです。

 

定期というのは、いつからいつまで保障されるというのが明確に決められているものです。

 

逆に終身型はというと、こちらは一生涯保障が続くタイプです。

 

これだけ考えたら、もちろん一生涯保障が続く終身型のほうがいいと思うでしょう。

 

払済タイプと呼ばれるものもあり、これは60歳程度で保険料の支払いが完了するものなのです。

 

中には65歳で完了するものもありますが、そのあとは保険料を支払うこともなく、保障は一生涯続いていきます。

 

ですが、こちらは保険料が高く設定されている場合が多く、毎月の保険料の負担が大きいのです。

 

定期のほうは、一般的に10年ごとの更新とされているものが多いのですが、会社によって違うので、事前に確認してから決めた方がよいでしょう。

 

昔は早めに保険料の払い込みを完了させるタイプを選択する人が多かったのですが、近年は一ヶ月あたりの負担を減らす為に、定期タイプを選択する人もとても増えているようです。

 

それぞれに特徴があるので、どちらがいいと一概に言うことは出来ないでしょう。

 

自分にはどちらが向いているのか、医療保険のサービスと一緒に考えてみましょう。

定期型医療保険と終身型関連エントリー


Copyright (C) 2010 医療保険まるわかりガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

定期型医療保険と終身型

医療保険の仕組みや種類などをわかりやすく紹介しています